フォト

文字拡大ツール

無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

ふじた みつぐ報告20090301

こんにちは。
埼玉県川口市在住のふじた みつぐ(藤田 貢)です。

●3/11(水)講演会『市民自治と首長の役割』
開催チラシができました!!
「publishing090311.pdf」をダウンロード

事前予約申込み受付中です。
【団体名】市長選挙に市民の声を届ける会
【HP】http://kawaguchicitizen.web.fc2.com/

●発行します!!
明日(3/1)に『ふじた みつぐ報告/市民の挑戦16号』を発行します。

このブログには前日に関連資料と伴に掲載します。
今回は介護保険料の改定に関する内容になっています。
「20090301HP.pdf」をダウンロード

□関連資料
川口市介護保険運営協議会
第5回川口市介護保険運営協議会の保険料に関する資料
「20090301-01.pdf」をダウンロード
川口市高齢者福祉計画・介護保険事業計画
「20090301-02.pdf」をダウンロード
平成19年度平成19年度川口市介護保険特別会計歳入歳出決算書
「20090301-03.pdf」をダウンロード
介護保険の概要(厚生労働省資料)
「20090301-04.pdf」をダウンロード

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ふじた みつぐ報告/市民の挑戦16号
「20090301HP.pdf」をダウンロード
【バックナンバー】
01
号:「20071001.pdf」をダウンロード
02
号:「20071104.pdf」をダウンロード
03
号:「20071202.pdf」をダウンロード
04
号:「20080106.pdf」をダウンロード
05
号:「20080203.pdf」をダウンロード
06
号:「20080302.pdf」をダウンロード
07
号:「20080406.pdf」をダウンロード
08号:「20080504.pdf」をダウンロード

09号:「20080601.pdf」をダウンロード
10号:「20080810.pdf」をダウンロード
11号:「20080914.pdf」をダウンロード
12号:「20081005.pdf」をダウンロード
13号:「20081109HP.pdf」をダウンロード
14号:「20081221.pdf」をダウンロード
15号:

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2009年2月26日 (木)

新聞報道2000226

こんにちは。
埼玉県川口市在住のふじた みつぐ(藤田 貢)です。

『ふじた みつぐ通信/市民の挑戦15号』
「20090118.pdf」をダウンロード

□関連資料等
【団体名】市長選挙に市民の声を届ける会
【HP】http://kawaguchicitizen.web.fc2.com /

●3/11(水)講演会『市民自治と首長の役割』
開催チラシができました!!
「publishing090311.pdf」をダウンロード

事前予約申込み受付中です。

●新年度予算
2/25の新聞各社で川口市の新年度予算に関する報道がされています。
詳細は毎日jpを参照ください。

埼玉新聞によると『一般会計は千三百六十億五千万円で前年度比6・2%増。このうち埼玉高速鉄道貸付金借換事業の十六億二千四百万円を除いても実質3・6%の増と積極予算となった。厳しい経済情勢下、特に不況対策として四十九億円を計上したのが特徴。特別会計、企業会計を合わせた総額は1・0%増の二千八百七十二億九千六百二十万円。』となっており、実質的にも3.6増になっているようです。

さて、ここで問題になるのが財源不足をどうするかです。

埼玉新聞によると『財源不足は財政調整基金から十七億九千万円、職員退職手当基金から十億円など、計六基金から総額三十一億七千万円を繰り入れて補った。』、日経新聞によると『減収分は市債を前年度から五十億円増やして百五億円発行する。財政調整基金などの基金から十三億円増の三十一億円を繰り入れて財源不足を補てんする。』と報道されています。
財源不足は財政調整基金・職員の退職手当基金の取り崩し、市債を大量発行して対応することになっています。

残念ながら市のHP等で新年度予算案等は閲覧できないため、詳細は不明ですが、市議会が開会されれば市役所本庁舎の市政情報コーナーで閲覧できるようになりますので、確認してみたいと思います。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ふじた みつぐ報告/市民の挑戦15号
「20090118.pdf」をダウンロード
【バックナンバー】
01
号:「20071001.pdf」をダウンロード
02
号:「20071104.pdf」をダウンロード
03
号:「20071202.pdf」をダウンロード
04
号:「20080106.pdf」をダウンロード
05
号:「20080203.pdf」をダウンロード
06
号:「20080302.pdf」をダウンロード
07
号:「20080406.pdf」をダウンロード
08号:「20080504.pdf」をダウンロード

09号:「20080601.pdf」をダウンロード
10号:「20080810.pdf」をダウンロード
11号:「20080914.pdf」をダウンロード
12号:「20081005.pdf」をダウンロード
13号:「20081109HP.pdf」をダウンロード
14号:「20081221.pdf」をダウンロード

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2009年2月25日 (水)

新聞報道20090225

こんにちは。
埼玉県川口市在住のふじた みつぐ(藤田 貢)です。

『ふじた みつぐ通信/市民の挑戦15号』
「20090118.pdf」をダウンロード

□関連資料等
【団体名】市長選挙に市民の声を届ける会
【HP】http://kawaguchicitizen.web.fc2.com /

●カーシェアリング
本日(2/25)の新聞各社で川口市がカーシェアリング方式を導入すると報道されています。
詳細は毎日jpを参照ください。

市が導入して契約する業者ですが、ウインド・カー株式会社と思われます。
環境対策強化の一環として、3年間でコスト削減効果なども検証するようです。
公用車の総数からすれば、わずかな台数ですが、今後の検証結果を待ちたいところです。
一方、これに合わせて公用車全体のコスト管理等も実施しなけば意味が無いと考えます。
本日(2/25)は川口市に関する各種報道がありましたので、明日以降に順次ご紹介したいと思います。

●講演会
市長選挙に市民の声を届ける会主催・その他の市民団体等の後援により、本年5月の川口市長選挙に向けて『今後の地方自治のあり方』を問うものとして、以下の講演会が開催されます。
上記の会・後援団体の会員向けですが、無料のイベントであり、広く市民の参加を可能としています。
※参加希望の方は市長選挙に市民の声を届ける会の事務局までに事前にご一報してください。

タイトル:『市民自治と首長の役割』
日時:3/11(水)19:00~20:30予定
場所:川口市メディアセブン・プレゼンテーションルーム

(キュポラ7F・川口駅東口より徒歩1分)
定員:80名・http://www.mediaseven.jp/open/static/accessindex.jsf?act=access
講師:福嶋 浩彦
1956 年生まれ 1995-2007 年まで我孫子市の市長を務める。在任中、一貫して「市民自治」を訴え「新しい公共」の理念を自治体経営に反映させて注目を集める。現在は中央学院大学客員教授、東洋大学大学院客員教授、東京財団上席研究員。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ふじた みつぐ報告/市民の挑戦15号
「20090118.pdf」をダウンロード
【バックナンバー】
01
号:「20071001.pdf」をダウンロード
02
号:「20071104.pdf」をダウンロード
03
号:「20071202.pdf」をダウンロード
04
号:「20080106.pdf」をダウンロード
05
号:「20080203.pdf」をダウンロード
06
号:「20080302.pdf」をダウンロード
07
号:「20080406.pdf」をダウンロード
08号:「20080504.pdf」をダウンロード

09号:「20080601.pdf」をダウンロード
10号:「20080810.pdf」をダウンロード
11号:「20080914.pdf」をダウンロード
12号:「20081005.pdf」をダウンロード
13号:「20081109HP.pdf」をダウンロード
14号:「20081221.pdf」をダウンロード

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2009年2月22日 (日)

新聞報道20090222

こんにちは。
埼玉県川口市在住のふじた みつぐ(藤田 貢)です。

『ふじた みつぐ通信/市民の挑戦15号』
「20090118.pdf」をダウンロード

□関連資料等
【団体名】市長選挙に市民の声を届ける会
【HP】http://kawaguchicitizen.web.fc2.com /

最近の新聞報道を二つご案内します。

父子家庭
2/20の新聞報道で戸田市が父子家庭にも児童扶養手当を支給する条例案を三月市議会に提出すると報道されています。
※詳細は東京新聞Webを参照ください。
本来は国の制度として改正すべと指摘されている児童扶養手当ですが、戸田市も条例化の理由としてあげているとおり『性差で分ける必要はなく、子どもを養育することを基点として、扶養する親の所得によって支給の是非を決定すべき』と私も思います。
川口市にも固定概念にとらわれず、問題の本質を見極めて様々な行政課題に取組んでもらいたいと思います。

●中小企業への制度融資
2/20の日経新聞に川口市の制度融資に中小企業経営者が殺到したと報道されています。
記事によると『制度融資の急増が特に顕著だったのが川口市だ。今月9日、総融資枠50億円の緊急制度融資の申し込み受け付けを始めたところ、受け付け開始の午前8時半までに450―500人の経営者らが行列を作った』となっています。
上記の制度融資は年度末へ向けての運転資金のようです。
現在、川口市が実施している中小企業支援策の全体について不勉強のため、正確なコメントはできませんが、あらためて川口市が中小企業のまちであることを認識した新聞報道でした。
中小企業の活性化は多くの自治体も行政課題になっており、厳しい時期こそ、英知を集めて取組んでいくことが必要と考えます。

●講演会
市長選挙に市民の声を届ける会主催・その他の市民団体等の後援により、本年5月の川口市長選挙に向けて『今後の地方自治のあり方』を問うものとして、以下の講演会が開催されます。
上記の会・後援団体の会員向けですが、無料のイベントであり、広く市民の参加を可能としています。
※参加希望の方は市長選挙に市民の声を届ける会の事務局までに事前にご一報してください。

タイトル:『地方分権下における首長の役割と市民自治』(仮称)
日時:3/11(水)19:00~20:30予定
場所:川口市メディアセブン・プレゼンテーションルーム

(キュポラ7F・川口駅東口より徒歩1分)
定員:80名・http://www.mediaseven.jp/open/static/accessindex.jsf?act=access
講師:福嶋 浩彦
1956 年生まれ 1995-2007 年まで我孫子市の市長を務める。在任中、一貫して「市民自治」を訴え「新しい公共」の理念を自治体経営に反映させて注目を集める。現在は中央学院大学客員教授、東洋大学大学院客員教授、東京財団上席研究員。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ふじた みつぐ報告/市民の挑戦15号
「20090118.pdf」をダウンロード
【バックナンバー】
01
号:「20071001.pdf」をダウンロード
02
号:「20071104.pdf」をダウンロード
03
号:「20071202.pdf」をダウンロード
04
号:「20080106.pdf」をダウンロード
05
号:「20080203.pdf」をダウンロード
06
号:「20080302.pdf」をダウンロード
07
号:「20080406.pdf」をダウンロード
08号:「20080504.pdf」をダウンロード

09号:「20080601.pdf」をダウンロード
10号:「20080810.pdf」をダウンロード
11号:「20080914.pdf」をダウンロード
12号:「20081005.pdf」をダウンロード
13号:「20081109HP.pdf」をダウンロード
14号:「20081221.pdf」をダウンロード

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2009年2月19日 (木)

福嶋浩彦氏の講演会・『地方分権下における首長の役割と市民自治』20090311

こんにちは。
埼玉県川口市在住のふじた みつぐ(藤田 貢)です。

『ふじた みつぐ通信/市民の挑戦15号』
「20090118.pdf」をダウンロード

□関連資料等
【団体名】市長選挙に市民の声を届ける会
【HP】http://kawaguchicitizen.web.fc2.com /

●ご参加ください
市長選挙に市民の声を届ける会主催・その他の市民団体等の後援により、本年5月の川口市長選挙に向けて『今後の地方自治のあり方』を問うものとして、以下の講演会が開催されます。
上記の会・後援団体の会員向けですが、無料のイベントであり、広く市民の参加を可能としています。
※参加希望の方は市長選挙に市民の声を届ける会の事務局までに事前にご一報してください。

タイトル:『地方分権下における首長の役割と市民自治』(仮称)
日時:3/11(水)19:00~20:30予定
場所:川口市メディアセブン・プレゼンテーションルーム

(キュポラ7F・川口駅東口より徒歩1分)
定員:80名・http://www.mediaseven.jp/open/static/accessindex.jsf?act=access
講師:福嶋 浩彦
1956 年生まれ 1995-2007 年まで我孫子市の市長を務める。在任中、一貫して「市民自治」を訴え「新しい公共」の理念を自治体経営に反映させて注目を集める。現在は中央学院大学客員教授、東洋大学大学院客員教授、東京財団上席研究員。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ふじた みつぐ報告/市民の挑戦15号
「20090118.pdf」をダウンロード
【バックナンバー】
01
号:「20071001.pdf」をダウンロード
02
号:「20071104.pdf」をダウンロード
03
号:「20071202.pdf」をダウンロード
04
号:「20080106.pdf」をダウンロード
05
号:「20080203.pdf」をダウンロード
06
号:「20080302.pdf」をダウンロード
07
号:「20080406.pdf」をダウンロード
08号:「20080504.pdf」をダウンロード

09号:「20080601.pdf」をダウンロード
10号:「20080810.pdf」をダウンロード
11号:「20080914.pdf」をダウンロード
12号:「20081005.pdf」をダウンロード
13号:「20081109HP.pdf」をダウンロード
14号:「20081221.pdf」をダウンロード

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2009年2月18日 (水)

レジ袋削減20090218

こんにちは。
埼玉県川口市在住のふじた みつぐ(藤田 貢)です。

『ふじた みつぐ通信/市民の挑戦15号』
「20090118.pdf」をダウンロード

□関連資料等
【団体名】市長選挙に市民の声を届ける会
【HP】http://kawaguchicitizen.web.fc2.com /

●中止・・・
本日(2/18)の新聞各紙で川口市・市民団体・民間企業で取組んでいるレジ袋無料配布中止の取組みに関する一時中止に関する報道がされています。
また、川口市のHPでも同内容の発表が実施されています。
※詳細は新聞各紙の埼玉版を参照ください。

報道によると、サミット(株)川口赤井店が無料配布中止の一時中止をするのですが、同社の記者発表は以下のとおりになります。
同店は2008 年の11 月10 日より、川口市及び市民団体との協定に基づき、レジ袋削減のための「レジ袋有料化」を実施してまいりましたが、直後より売上や客数減少の影響が続いており、「レジ袋有料化」について、お客様のご理解や支持が得られていないとの判断から、川口市及び市民団体との調整を経て、2009 年2 月一杯を持ちまして、一時的に「レジ袋有料化」を中止することに致しました。
なお、協定につきましては継続の上、これからもレジ袋削減の取組みを進めてまいります。
また、今後、お客様のご理解やご支持が得られる状況となりましたら、改めて「レジ袋有料化」再開について検討することにしております。』

新聞報道によると同社の他の店舗と比較して赤井店の売上げが6%減少していることが報じられています。

さて、レジ袋削減への取組みに関して市民の方から以下の意見をもらっています。
『市民の多くは全く別物であるべき“要らないレジ袋を辞退するようにしましょう”という運動や行動と、“有料化”を混同しています。市は意識的に混同させているように思われます。
前者は環境改善の効果はあるでしょうが、有料化で辞退率が上昇した部分については私は効果はないか、逆に温室効果ガス排出量が増えると考えています。』

最近、偽装エコの問題もありますが、環境意識の向上のみではなく、トータルの環境負荷を合理的に検証したうえで真にエコとなる施策の実施が求められています。
残念ながら、川口市のこの取組みに関して合理的な根拠があるのか不明であり、私自身は正確な評価できませんが、行政としては説明責任がある内容と考えます。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ふじた みつぐ報告/市民の挑戦15号
「20090118.pdf」をダウンロード
【バックナンバー】
01
号:「20071001.pdf」をダウンロード
02
号:「20071104.pdf」をダウンロード
03
号:「20071202.pdf」をダウンロード
04
号:「20080106.pdf」をダウンロード
05
号:「20080203.pdf」をダウンロード
06
号:「20080302.pdf」をダウンロード
07
号:「20080406.pdf」をダウンロード
08号:「20080504.pdf」をダウンロード

09号:「20080601.pdf」をダウンロード
10号:「20080810.pdf」をダウンロード
11号:「20080914.pdf」をダウンロード
12号:「20081005.pdf」をダウンロード
13号:「20081109HP.pdf」をダウンロード
14号:「20081221.pdf」をダウンロード

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2009年2月17日 (火)

埼玉県議会20090217

こんにちは。
埼玉県川口市在住のふじた みつぐ(藤田 貢)です。

『ふじた みつぐ通信/市民の挑戦15号』
「20090118.pdf」をダウンロード

□関連資料等
【団体名】市長選挙に市民の声を届ける会
【HP】http://kawaguchicitizen.web.fc2.com /

●新しい働き方
本日(2/17)の新聞各紙で埼玉県の新年度予算に関する記事が掲載されています。
※詳細は東京新聞Webを参照ください。
記事によると『四年ぶりにマイナス予算となった。企業収益の悪化で県税収入が大幅に減少する一方、扶助費など義務的経費が増加して、財政硬直化が進んでいる』(上記の記事を一部抜粋)となっています。

さて、新年度予算を含む議案に関して埼玉県議会の会期日程が確定しています。
本会議はインターネット中継・録画映像も閲覧できるようになっています。
また、最近になって気が付きましたが、予算特別委員会(3/9・10・19・23)での審査の様子もインターネットで見ることはできるようです。
今回は予算特別委員会を傍聴またはインターネット中継で見てみたいと思います。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ふじた みつぐ報告/市民の挑戦15号
「20090118.pdf」をダウンロード
【バックナンバー】
01
号:「20071001.pdf」をダウンロード
02
号:「20071104.pdf」をダウンロード
03
号:「20071202.pdf」をダウンロード
04
号:「20080106.pdf」をダウンロード
05
号:「20080203.pdf」をダウンロード
06
号:「20080302.pdf」をダウンロード
07
号:「20080406.pdf」をダウンロード
08号:「20080504.pdf」をダウンロード

09号:「20080601.pdf」をダウンロード
10号:「20080810.pdf」をダウンロード
11号:「20080914.pdf」をダウンロード
12号:「20081005.pdf」をダウンロード
13号:「20081109HP.pdf」をダウンロード
14号:「20081221.pdf」をダウンロード

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2009年2月15日 (日)

協同労働の協同組合20090214

こんにちは。
埼玉県川口市在住のふじた みつぐ(藤田 貢)です。

『ふじた みつぐ通信/市民の挑戦15号』
「20090118.pdf」をダウンロード

□関連資料等
【団体名】市長選挙に市民の声を届ける会
【HP】http://kawaguchicitizen.web.fc2.com /

●新しい働き方
昨日(2/14)、ふじみ野市議会の会派(正翔会)主催の『協働のまちづりシンポジウム』に参加してきました。
□配布資料等
「20090214-01.pdf」をダウンロード
その他
協同労働の協同組合関係(リンク先サイトを参照ください)
※著作権に抵触する資料はアップできませんでした。

シンポジストとして元連合会長の笹森 清さん、元我孫子市長の福嶋 浩彦さんが出席しており、会場は100名程度の参加者になっていました。
特に興味深かったのは『協同労働』に関することで、笹森さんは『働くことは生きること、雇用者に雇われて働くことだけではなく、新しい働き方として根拠法が必要である』と話されていました。
笹森さんですが、この協同労働の協同組合の法制化への活動をしており、日経新聞(2009年2月1日朝刊・風見鶏というコラム)に現在の状況に関する記事が掲載されていますので、興味がある方は図書館等で閲覧してみてください。

さて、このシンポジウムですが、知人の飯沼じゅんこさん(ふじみ野市議)に誘われたから参加しただけでなく、市長選挙に市民の声を届ける会にも関係します。
今回のシンポジストの1名の方を上記の会で実施する講演会(3月実施予定)でお招きすることになっており、講師の方に挨拶にお伺いしました。
詳細は後日、このブログでご報告したいと思います。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ふじた みつぐ報告/市民の挑戦15号
「20090118.pdf」をダウンロード
【バックナンバー】
01
号:「20071001.pdf」をダウンロード
02
号:「20071104.pdf」をダウンロード
03
号:「20071202.pdf」をダウンロード
04
号:「20080106.pdf」をダウンロード
05
号:「20080203.pdf」をダウンロード
06
号:「20080302.pdf」をダウンロード
07
号:「20080406.pdf」をダウンロード
08号:「20080504.pdf」をダウンロード

09号:「20080601.pdf」をダウンロード
10号:「20080810.pdf」をダウンロード
11号:「20080914.pdf」をダウンロード
12号:「20081005.pdf」をダウンロード
13号:「20081109HP.pdf」をダウンロード
14号:「20081221.pdf」をダウンロード

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2009年2月13日 (金)

自治基本条例20090212

こんにちは。
埼玉県川口市在住のふじた みつぐ(藤田 貢)です。

『ふじた みつぐ通信/市民の挑戦15号』
「20090118.pdf」をダウンロード

□関連資料等
【団体名】市長選挙に市民の声を届ける会
【HP】http://kawaguchicitizen.web.fc2.com /

●手引き
昨夜(2/12)に自治基本条例策定委員会・運営調整部会が開催されました。
傍聴しましたので、概要を記載します。
川口市のHPでは議事録の公開が大幅に遅れているため、当ブログで上記の委員会の情報を入手している方が居られます。
長文のブログになりますが、ご了解ください。

□参加
委員:14名出席・2名欠席
傍聴:2名出席(1名は市の職員)

□配布資料
式次第
「20090212-00.pdf」をダウンロード
条例の手引き
(2/13~7日間のみダウンロード可能・容量大きくブログにアップできません)
http://firestorage.jp/download/8576d7fa526d2a8fbeea1f366a62edfb6f708bb7
広報・PI
「20090212-04.pdf」をダウンロード
運用推進委員会のたたき台
「20090215-05.pdf」をダウンロード
※その他に各部会での検討資料がありましたが、A3サイズのためにスキャナー利用できないためアップしていません。

□決定事項
○手引きは今回の議論での修正をうけて、正副委員長に一任する
なお、確定版を策定委員会の全メンバーに示し、3月の全体会で確認する。
○運用推進委員会の役割等について今回の議論での決定事項を手引きに記載するものとする。
○運営推進委員会の役割等について、『たたき台』に以下の一部追加・修正等を実施して決定する。

・ たたき台の役割・任務に『定期的な運用推進委員会のあり方の検討』・『自治の推進に係わる事項の検証』を追加する。
・公募委員は現策定委員4名・新任委員4名とする。
・委員の任期は2年とし、現策定委員は1年、新任委員は2年とする。
・学識経験者については委員の後任が容易に選定できるのかとの指摘もあり、各部会長で再度検討する。
・委員会の権限として『市に資料の提供・説明を求めることができる』と記載する。
・委員会は市長に提言が実施できるとする(定期的な提言を義務付けない)。
・委員会は市長からの諮問を受けて答申が実施できるものとする。
・委員会は1回/年の報告を行うものとする。
・市民や職員等から自治基本条例に関する運用等について意見・要望等を受け付けることができる(担当部局を通じて)。
・現策定委員から4名を運用推進委員会の委員として立候補を募り、3/10(火)の全体会で運用推進委員予定者として決定する。
・現策定委員は次回の運用推進委員会(市民公募)への応募は自粛するものとする。
○今後のスケジュールは以下のとおりとする。
3/10(火):全体会議・4/8(水):打ち上げ

□議論の状況
○条例の手引き
委員会から数々の指摘があり、起草委員でもある委員2名と一部の事務局が中座して30分程度、修正内容を検討し、了承されました。
修正内容は以下のとおりです(※ページ数は条例の手引き参照)
【修正内容】
P1:[検討に着手]
・・・一連のセレモニー・・・の部分に指摘があり、事務局で文章を再考することになりました。
P8:用語の解説【市長その他の執行機関】

各種行政委員会⇒各種行政委員会・委員
なお、職員はこれらの・・・⇒なお、主に職員はこれらの・・・
P12:第9条の[説明](2)
マンションに暮らす市民による組織も・・・⇒マンションに暮らす市民による組織等も・・・
P15:第16条の[説明](2)
川口市議会の会議・委員会・・・⇒川口市議会の本会議・各委員会・・・
P15:第16条の[説明](3)
既に公開している会議や会議録・・・⇒既に公開している本会議や各委員会の会議録
P20:第23条の[説明](1)
最後に下記の文章を追加(文言は後日整理予定)
『22条の組織連携も職員の指揮監督・人材育成で配慮されます。』
P22:第26条の[説明](1)
政策の立案及び効率的な事務執行の成果・・・⇒政策及び効率的な事務事業の成果・・・
評価結果を施策に・・・⇒評価結果を市政の運営に・・・
本市では、平成14年度・・・⇒本市では、行政評価のひとつとして平成14年度・・・
P27:附則の[説明](3)
最後に以下の文章を追加(文言は後日整理予定)
『なお、本条例の改正にあたっては地方自治法の規定に従って改正が行われます。』
その他:『旨』⇒『こと』

○運用推進委員会
特に公募委員の人数設定と現策定委員から運用推進委員とすることについて議論がありました。
策定委員会活動の大変さから現策定委員から立候補を募っても人数が足らないとの懸念もあり、現策定委員(22名全員の公募市民)で抽選したらとの乱暴な意見もありましたが、結果としては立候補を募ることとし、人数も当初想定されていたよりも少ない4名に落ち着きました。

○その他
広報・PIに関する議論はありませんでした。
事務局から来年度市内の全戸配布予定である自治基本条例の広報について、『保存版としていただきたいため、カラー印刷の簡易版を作成する予定である』との報告がありました(HPに手引きは掲載するし、市政情報コーナー等で閲覧できるとの理由で)。

□個人的には・・・カラー印刷は必要か?
昨夜の会議について個人的な見解は様々ありますが、市民への周知との観点で1点のみ記載したいと思います。
全戸配布予定の広報ですが、カラー印刷のコストを白黒印刷(または単色カラー)にしてページ数を多くし、掲載内容を充実すべきと思います。
今回の条例の位置付け(自治体の憲法)を考えた場合に何を優先すべきかをもう一度検討してもらいたいと思います。
いつもカラー印刷の簡易版を配布しているからとの前例踏襲ではなく、何を目的に広報するのか、原点に戻る必要があります。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ふじた みつぐ報告/市民の挑戦15号
「20090118.pdf」をダウンロード
【バックナンバー】
01
号:「20071001.pdf」をダウンロード
02
号:「20071104.pdf」をダウンロード
03
号:「20071202.pdf」をダウンロード
04
号:「20080106.pdf」をダウンロード
05
号:「20080203.pdf」をダウンロード
06
号:「20080302.pdf」をダウンロード
07
号:「20080406.pdf」をダウンロード
08号:「20080504.pdf」をダウンロード

09号:「20080601.pdf」をダウンロード
10号:「20080810.pdf」をダウンロード
11号:「20080914.pdf」をダウンロード
12号:「20081005.pdf」をダウンロード
13号:「20081109HP.pdf」をダウンロード
14号:「20081221.pdf」をダウンロード

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2009年2月12日 (木)

川越市議会20090212

こんにちは。
埼玉県川口市在住のふじた みつぐ(藤田 貢)です。

『ふじた みつぐ通信/市民の挑戦15号』
「20090118.pdf」をダウンロード

□関連資料等
【団体名】市長選挙に市民の声を届ける会
【HP】http://kawaguchicitizen.web.fc2.com /

●議会の説明責任?
以前、このブログに川越市議会の政務調査費の問題を取り上げたことがあります。
TV朝日でも報道された問題ですが、川越市議会としてのコメントが川越市議会だより(1/25発行)に掲載されています(以下全文抜粋)。

今回の政務調査費問題について、住民の代表たる市議会議員として、自ら範を示すべき立場にあるにもかかわらず、十分な注意を怠り、心ならずも市議会はもとより川越市への信頼を揺るがす結果となり、市民の皆様に多大なご心配、ご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。
 この件に関しましては、あらためて使途内容を精査するとともに、返還等を含んだ内容の訂正を済ませたところですが、今後、監査委員からの指摘事項である「市民への説明責任を図り、目的に沿った適切な執行となるよう努めること」という内容を十分踏まえつつ、こうした事態を二度と引き起こすことのないよう自らを戒めるとともに、今一度初心に立ち帰り、信頼回復と職責の遂行に議員一同邁進してまいります。 市民の皆様におかれましては、何とぞ、特段のご理解を賜りますようお願い申し上げます。
平成21年1月  川越市議会』

川越市民ではありませんが『十分な注意を怠り、不適切な支出をしてしまった』との理由では正直、納得できないと感じます。

さて、この問題について以下のブログに複数の報告が記載されていますので、ご紹介します。
http://ombs-sai.cocolog-nifty.com/blog/

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ふじた みつぐ報告/市民の挑戦15号
「20090118.pdf」をダウンロード
【バックナンバー】
01
号:「20071001.pdf」をダウンロード
02
号:「20071104.pdf」をダウンロード
03
号:「20071202.pdf」をダウンロード
04
号:「20080106.pdf」をダウンロード
05
号:「20080203.pdf」をダウンロード
06
号:「20080302.pdf」をダウンロード
07
号:「20080406.pdf」をダウンロード
08号:「20080504.pdf」をダウンロード

09号:「20080601.pdf」をダウンロード
10号:「20080810.pdf」をダウンロード
11号:「20080914.pdf」をダウンロード
12号:「20081005.pdf」をダウンロード
13号:「20081109HP.pdf」をダウンロード
14号:「20081221.pdf」をダウンロード

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2009年2月11日 (水)

所沢市議会20090207

こんにちは。
埼玉県川口市在住のふじた みつぐ(藤田 貢)です。

『ふじた みつぐ通信/市民の挑戦15号』
「20090118.pdf」をダウンロード

□関連資料等
【団体名】市長選挙に市民の声を届ける会
【HP】http://kawaguchicitizen.web.fc2.com /

●参加してきました
2/7(土)に『所沢市議会基本条例 ミニシンポジウム』に参加してきましたので概略を記載したいと思います。
以前のブログにも記載しましたが、
所沢市議会では3月定例会での制定を目指し、所沢市議会基本条例の策定に取組んでいます。
※議会基本条例の関連サイト

□配布資料
次第・基調講演
「20090207-01.pdf」をダウンロード
所沢市議会基本条例素案
「soan2.pdf」をダウンロード
素案の趣旨及び解釈
「20090207-02.pdf」をダウンロード
議会の議決すべき事件を定める条例(案)
「soan3.pdf」をダウンロード

□参加人数
参加者:50名
所沢市議:12名
他:10名程度

□基調講演
廣瀬克哉教授(法政大学法学部・所沢市在住)による約1時間程度の講演が実施されました。
この広瀬教授ですが、最近報道されました『議員力検定』の共同代表や自治体議会改革フォーラムの代表もされています。
講演内容はレジュメに沿って丁寧に議会基本条例についてご説明されていました。
特に印象的でしたのは、『議会基本条例の制定により議会報告会が実施され、議場での賛否は別としてあらゆることを住民に議員自身が説明するために議員が勉強することになる。そのため議員自身の行政チェック能力を上げることになる』との言葉でした。

□条例素案の説明
所沢市議会では議会基本条例制定に関する特別委員会が設置されており、この特別委員会の議員がこのシンポジウムを運営しています。
この特別委員会の正副委員長から条例素案の説明があり、市民との意見交換が実施されました。
意見交換では上記の委員会の議員12名がすべて出席し、交代で市民からの意見・質問等に対応していました。
市民から様々な意見・質問等がありましたが、『まずは議会基本条例を制定したい』との議員の考えと市民の間にはギャップがあるように感じられました。
議員からすれば、これまでの議会改革の結果を議会基本条例により確実にしたいとの考えがあると思われ、同感できるところがありました。

□その他
○所沢市議会の特別委員会では条例素案の作成のため、栗山町伊賀市三重県を主に参考にし、京丹後市会津若松市などに視察に行ったようです。
○条例素案に関するパブリックコメントは11名・70件の意見が提出されたようです。
○条例素案に関する公聴会には7名の市民が陳述(1,000文字の公述書)を実施したようです。
○所沢市では自治基本条例の策定はされていなく、議会基本条例が先に制定される見込みになっています。
○議会基本条例と同時に議決事件の拡大のため、『議会の議決すべき事件を定める条例』の制定を目指しています。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ふじた みつぐ報告/市民の挑戦15号
「20090118.pdf」をダウンロード
【バックナンバー】
01
号:「20071001.pdf」をダウンロード
02
号:「20071104.pdf」をダウンロード
03
号:「20071202.pdf」をダウンロード
04
号:「20080106.pdf」をダウンロード
05
号:「20080203.pdf」をダウンロード
06
号:「20080302.pdf」をダウンロード
07
号:「20080406.pdf」をダウンロード
08号:「20080504.pdf」をダウンロード

09号:「20080601.pdf」をダウンロード
10号:「20080810.pdf」をダウンロード
11号:「20080914.pdf」をダウンロード
12号:「20081005.pdf」をダウンロード
13号:「20081109HP.pdf」をダウンロード
14号:「20081221.pdf」をダウンロード

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2009年2月10日 (火)

かわぐち市民等議会20090210

こんにちは。
埼玉県川口市在住のふじた みつぐ(藤田 貢)です。

『ふじた みつぐ通信/市民の挑戦15号』
「20090118.pdf」をダウンロード

□関連資料等
【団体名】市長選挙に市民の声を届ける会
【HP】http://kawaguchicitizen.web.fc2.com /

●川口青年会議所
本日(2/10)の埼玉新聞に川口青年会議所が川口市の後援で開催するかわぐち市民討議会の記事が掲載されました。
※記事の詳細は埼玉新聞を参照ください。
かわぐち市民等議会ですが、上記のリンク先のブログによると、3/15(日)にプラーヌンクスツェレの手法を用いて選抜された川口市民30名で実施されるようです。
詳細は上記の各リンク先を参照していただきたいのですが、どのような市民答申を実施するのか興味があるところです。

3/17(火)には討議会の報告会を川口市総合文化センター(リリア)で実施するようですから、参加して確認したいと思います。
なお、上記のリンク先のブログによると、この報告会には岡村市長も出席予定になっているようです。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ふじた みつぐ報告/市民の挑戦15号
「20090118.pdf」をダウンロード
【バックナンバー】
01
号:「20071001.pdf」をダウンロード
02
号:「20071104.pdf」をダウンロード
03
号:「20071202.pdf」をダウンロード
04
号:「20080106.pdf」をダウンロード
05
号:「20080203.pdf」をダウンロード
06
号:「20080302.pdf」をダウンロード
07
号:「20080406.pdf」をダウンロード
08号:「20080504.pdf」をダウンロード

09号:「20080601.pdf」をダウンロード
10号:「20080810.pdf」をダウンロード
11号:「20080914.pdf」をダウンロード
12号:「20081005.pdf」をダウンロード
13号:「20081109HP.pdf」をダウンロード
14号:「20081221.pdf」をダウンロード

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2009年2月 8日 (日)

川口市議会議員選挙補欠選挙20090207

こんにちは。
埼玉県川口市在住のふじた みつぐ(藤田 貢)です。

『ふじた みつぐ通信/市民の挑戦15号』
「20090118.pdf」をダウンロード

□関連資料等
【団体名】市長選挙に市民の声を届ける会
【HP】http://kawaguchicitizen.web.fc2.com /

●状況が判明
2/5(木)にブログに記載しました川口市長選挙・川口市議会議員補欠選挙の件ですが、一部状況が明らかになりましたので追加で記載します。
昨日(2/7・8)の新聞各紙の報道から以下の内容が判明しました。

○民主党(埼玉県第2区総支部)は川口市長選挙に独自候補の擁立を検討している。
○自民党の補欠選挙の公募に5名の応募があり、今月中にも候補者が決定する予定である。

市長選挙に立候補予定である松本安弘氏(元民主党・県議)ですが、既に新聞報道されているとおり、独自の選挙活動を実施することになりそうです。
5月の川口市長選挙ですが、民主党が独自候補を擁立すれば混沌とした選挙戦になりそうで、ますます現職優位な選挙となりそうです。
※民主党の市議補欠選挙の公募ですが、新聞報道が2/7・8にあり、このブログの方が早かったみたいです。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ふじた みつぐ報告/市民の挑戦15号
「20090118.pdf」をダウンロード
【バックナンバー】
01
号:「20071001.pdf」をダウンロード
02
号:「20071104.pdf」をダウンロード
03
号:「20071202.pdf」をダウンロード
04
号:「20080106.pdf」をダウンロード
05
号:「20080203.pdf」をダウンロード
06
号:「20080302.pdf」をダウンロード
07
号:「20080406.pdf」をダウンロード
08号:「20080504.pdf」をダウンロード

09号:「20080601.pdf」をダウンロード
10号:「20080810.pdf」をダウンロード
11号:「20080914.pdf」をダウンロード
12号:「20081005.pdf」をダウンロード
13号:「20081109HP.pdf」をダウンロード
14号:「20081221.pdf」をダウンロード

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2009年2月 7日 (土)

阿久根市20090207

こんにちは。
埼玉県川口市在住のふじた みつぐ(藤田 貢)です。

『ふじた みつぐ通信/市民の挑戦15号』
「20090118.pdf」をダウンロード

□関連資料等
【団体名】市長選挙に市民の声を届ける会
【HP】http://kawaguchicitizen.web.fc2.com /

●住民不在
本日(2/7)の読売新聞で鹿児島県の阿久根市市議会竹原信一市長の不信案を出席議員全員一致の賛成で可決したと報道されています。
市長は不信任の対抗手段として議会の解散を言明しているようで
今後、市議会が解散され、市議会議員選挙が実施されるようです。
※記事の詳細は読売新聞のHPで『阿久根市』と検索してみてください。

議会も市長も機能不全に陥り、住民不在、大人気ない対応など、あきれてしまう方も多いと思います。
経緯には議員・市長の双方に非があり、お互いが『住民のために』との原点に戻ることが必要と感じます。

阿久根市は極端な事例ですが、全国各地の自治体・議会にも同じ視点をしっかりと持って欲しいものです。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ふじた みつぐ報告/市民の挑戦15号
「20090118.pdf」をダウンロード
【バックナンバー】
01
号:「20071001.pdf」をダウンロード
02
号:「20071104.pdf」をダウンロード
03
号:「20071202.pdf」をダウンロード
04
号:「20080106.pdf」をダウンロード
05
号:「20080203.pdf」をダウンロード
06
号:「20080302.pdf」をダウンロード
07
号:「20080406.pdf」をダウンロード
08号:「20080504.pdf」をダウンロード

09号:「20080601.pdf」をダウンロード
10号:「20080810.pdf」をダウンロード
11号:「20080914.pdf」をダウンロード
12号:「20081005.pdf」をダウンロード
13号:「20081109HP.pdf」をダウンロード
14号:「20081221.pdf」をダウンロード

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2009年2月 5日 (木)

川口市議会議員選挙補欠選挙20090205

こんにちは。
埼玉県川口市在住のふじた みつぐ(藤田 貢)です。

『ふじた みつぐ通信/市民の挑戦15号』
「20090118.pdf」をダウンロード

□関連資料等
【団体名】市長選挙に市民の声を届ける会
【HP】http://kawaguchicitizen.web.fc2.com /

●公募
既にこのブログでも記載しましたとおり、今年の5月に川口市長選挙・川口市議会議員補欠選挙(告示5/10・投票日5/17)が実施されます。
市長選挙については立候補表明者が2名おり、現職の岡村市長(連合埼玉推薦・自民党推薦)と松本安弘氏(元民主党・県議)による選挙戦となる予定で、共産党系の候補の立候補も噂されていますが、詳細は不明です。

一方、川口市議会議員補欠選挙ですが、自民党が候補者を公募しており、1/31に応募締め切りになったばかりです。
実は民主党も3/5締め切りで補欠選挙の立候補者を公募しているのが判明しました。
関連の新聞記事を見逃したようで、街中にある民主等のポスターで本日(2/5)、気が付きました。
自民党の公募と違うのは、川口市在住であることが公募の前提になっています。

5月の選挙(告示5/10・投票日5/17)ですが、自民党vs民主党の対立軸となり、国政の前哨戦(?)となる様相です。
注目される選挙になる可能性が高まってきました。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ふじた みつぐ報告/市民の挑戦15号
「20090118.pdf」をダウンロード
【バックナンバー】
01
号:「20071001.pdf」をダウンロード
02
号:「20071104.pdf」をダウンロード
03
号:「20071202.pdf」をダウンロード
04
号:「20080106.pdf」をダウンロード
05
号:「20080203.pdf」をダウンロード
06
号:「20080302.pdf」をダウンロード
07
号:「20080406.pdf」をダウンロード
08号:「20080504.pdf」をダウンロード

09号:「20080601.pdf」をダウンロード
10号:「20080810.pdf」をダウンロード
11号:「20080914.pdf」をダウンロード
12号:「20081005.pdf」をダウンロード
13号:「20081109HP.pdf」をダウンロード
14号:「20081221.pdf」をダウンロード

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2009年2月 3日 (火)

「川口の農業を考える有識者会議」20090201

こんにちは。
埼玉県川口市在住のふじた みつぐ(藤田 貢)です。

『ふじた みつぐ通信/市民の挑戦15号』
「20090118.pdf」をダウンロード

□関連資料等
【団体名】市長選挙に市民の声を届ける会
【HP】http://kawaguchicitizen.web.fc2.com /

●報告書
2/1(月)に川口市のHP(市長通信・市民のみなさんへ)、「川口の農業を考える有識者会議」の最終報告書が掲載されました。
報告書は60ページを超える内容になっており、一読できていませんが、概要版を確認しました。
報告書によると
川口市の農業の現状が以下のように示されています。
・経営耕地面積 昭和60 年 863ha → 平成17 年 475ha (45%減)
・農業人口 昭和60 年 8,309 人 → 平成17 年 4,704 人(43%減)
・農家戸数 昭和60 年 1,547 戸 → 平成17 年 1,051 戸(32%減)
・販売農家割合 花き・花木等85% 野菜農家12% その他3%(平成17 年)
・農業産出額 花き6.2 億円 種苗・苗木等3.9 億円 野菜3.2 億円 米等0.5 億円(平成18 年)
・食料自給率 川口市0.18% 埼玉県11% 東京都1% 全国40%(カロリーベース)
・市街化調整区域 730ha(平成19 年度8.1 調査、市街化調整区域内農地199.85ha)
・生産緑地面積 141.4ha(平成20 年11 月現在、市街化区域の2.92%)

報告書では『基本目標、さらには基本方針を定め、40 施策に及ぶ具体的な施策を構築した。』としており、『提案した施策は,予算配分や長期の見通しを念頭に置きながら、体系的・段階的に実施することが必要である。提案した施策と既存施策をうまく組み合わせ、効果的かつ効率的に実施するためには、明確なビジョンの下に、重要施策の選定とタイムテーブルの設定が必要』として「都市農業基本計画(仮称)」の策定を求めています。
この指摘を受けて川口市・議会がどのような対応をするのか注目していきたいと思います。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ふじた みつぐ報告/市民の挑戦15号
「20090118.pdf」をダウンロード
【バックナンバー】
01
号:「20071001.pdf」をダウンロード
02
号:「20071104.pdf」をダウンロード
03
号:「20071202.pdf」をダウンロード
04
号:「20080106.pdf」をダウンロード
05
号:「20080203.pdf」をダウンロード
06
号:「20080302.pdf」をダウンロード
07
号:「20080406.pdf」をダウンロード
08号:「20080504.pdf」をダウンロード

09号:「20080601.pdf」をダウンロード
10号:「20080810.pdf」をダウンロード
11号:「20080914.pdf」をダウンロード
12号:「20081005.pdf」をダウンロード
13号:「20081109HP.pdf」をダウンロード
14号:「20081221.pdf」をダウンロード

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2009年2月 1日 (日)

市長選挙に市民の声を届ける会20090120

こんにちは。
埼玉県川口市在住のふじた みつぐ(藤田 貢)です。

『ふじた みつぐ通信/市民の挑戦15号』
「20090118.pdf」をダウンロード

□関連資料等
【団体名】市長選挙に市民の声を届ける会
【HP】http://kawaguchicitizen.web.fc2.com /

●新聞に掲載されました!!
すこしご紹介が遅くなりましたが。1/20(火)の朝日新聞(埼玉版)に『市長選挙に市民の声を届ける会』の記事が掲載されました(以下新聞記事抜粋)。

*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
5月に予定される川□市長選に向け、足元の街と暮らしに関心を持つ個人・団体による「市長選挙に市民の声を届ける会」が市内に発足した。
市政に関する意見や要望などを
広く募り、立候補予定者に届けることで公約(マニフェスト)づくりに生かしてほしいという。
首長が掲げる公約と、それに基づく実践は行政運営に大きな影響を与える。
会は「マニフェストを待つ姿
勢ではなく、市民が考えを表明し、公約づくりに積極的にかかわることが必要」としている。
共同代表の1人で、古物商の藤田 貢さん(38)は「主眼は素材の提供。市民の広範な意見は相反することもあると思うが、それも現実として、取捨選択をせずに届けたい」と話す。
開設した会のホームページ「市民の声」専用の入力欄を設けた。
さまざまな声を順
次公開するとともに、個人情報に留意したうえ、立候補予定者に直接、届けることにしている。
藤田さんは「意見や要望を立候補予定者がどのように記載するのか。それも選択肢の一つ。この街を一緒につくるという気概でやっていきたい」と話している。
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/

多くの市民・市民団体等のみなさんの意見・要望等が寄せられることをお待ちしています。
-
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ふじた みつぐ報告/市民の挑戦15号
「20090118.pdf」をダウンロード
【バックナンバー】
01
号:「20071001.pdf」をダウンロード
02
号:「20071104.pdf」をダウンロード
03
号:「20071202.pdf」をダウンロード
04
号:「20080106.pdf」をダウンロード
05
号:「20080203.pdf」をダウンロード
06
号:「20080302.pdf」をダウンロード
07
号:「20080406.pdf」をダウンロード
08号:「20080504.pdf」をダウンロード

09号:「20080601.pdf」をダウンロード
10号:「20080810.pdf」をダウンロード
11号:「20080914.pdf」をダウンロード
12号:「20081005.pdf」をダウンロード
13号:「20081109HP.pdf」をダウンロード
14号:「20081221.pdf」をダウンロード

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »